製品情報資料会社案内

TOP > 資料 > 音達試験

音達試験

現地調査、警報局の位置および、サイレン、スピーカの音達試験まで一環して行うことができます。
調査および音達試験などの費用につきましてはお問合せの上、お見積りいたします。
〔御見積り範囲〕
1. (1)
(2)
(3)
地図上から各警報局の目安
現地調査、周辺騒音、騒音規制地域など
警報機および警報設置地点の選定
2. (1) 実験に際して、警察、消防、市町村、学校、病院および一般住民に対して、期間および日時を連絡する。
3. 吹鳴実験機器の構成
(1)

(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
サイレン
0.75kW、2.2kW、3.7kW、5.5kW、7.5kWの内 (1台)
音声増幅器100W(1台)
スピーカ(レフレックスホーン50W)(2本)
騒音計(4台)
風向風速計(1台)
トランシーバー(4台)
温度計、湿度計(1ヶ)
発動発電機(1台)
GPS(2台)
4. 測定項目
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
音圧(騒音計による測定)
周辺騒音(騒音計による測定)
聴感による音達範囲の判定
聴感による明瞭度の判定
風向
風速
気温、湿度
5. 判定基準

判定
基準
判定 音達範囲 明瞭度
1 全く聞こえない 内容が全く判らない
2 音は小さいが聞こえる 聞き取りにくいが注意していれば判る
3 普通に聞こえる 普通に判る
4 よく聞こえる よく判る
5 非常によく聞こえる 非常によく判る
6. 実施要領
(1) サイレン(スピーカ)音達試験
車上6〜7mに設置固定し、約20〜40秒鳴らす。発信周波数は、523.5Hzと526.5Hzの混合音を増幅器により同じく20〜40秒鳴らす。
(2) 明瞭度の判定
音声放送を行い、測定場所にて明瞭度を聴感により判定。
(3) 上記音達試験をする場合は地域住民に与える影響が大きいため慎重にいたします。
7. 実験に対する報告書(音達試験データ)の作成及びご提出

※長年の経験・豊富な実績により蓄えられた技術でお客様からの多種多様なご要望にお応えいたします。

TOP > 資料 > 音達試験