製品情報資料会社案内

TOP > 資料 > ハンコクサイレンからのご提案  〜 AQNR 〜

ハンコクサイレンからのご提案 〜AQNR〜

■  防災行政無線と併設モーターサイレンでより安心・安全を確保
自然災害で緊急事態発生と同時に効果的な一次警報として市民の方々に間髪を入れずに広範囲に鳴り響く阪国のモーターサイレンで 避難勧告・指示を的確に伝達し危機回避が出来る最上の方法です。
特に風水害で最悪の条件下で警報電子サイレンの音(単音)が聞き取りにくい場合、モーターサイレン(複合音で遠近距離を強力音圧発生)を併用運用することで解消できます。 また、高齢の方で耳が遠く聞こえづらい方には視覚で訴える強烈閃光灯(LED)が効果的です。

■ 最適条件を選択
モーターサイレン警報音の有効活用と効果
 
風雨が強く、暗騒音が比較的高い場合でも警報音が良く聞こえ避難できる。
津波・河川増水時の緊急事態を警報音で広範囲に早く伝達することができる。
暴風雨の時に避難勧告のインフォメーション・広報車の音声伝達が聞き取れなかった事を警報音で補うことができる。
整備費用が安価でハード面の整備が簡単にできる。
モーターサイレンの特徴・性能 スピーカの特徴・性能
音質 複合音で近くも遠くもよく聞こえる複数の周波数が混在した音 単音で電子サイレンが減衰し易く聞こえづらい各種擬似サイレン音が吹鳴できる
音達 音の伝わる最大距離は最大2.3km(※7.5kWの場合)比較的暗騒音の高い場合でも伝わる ドライバーユニットとラッパの形状で決まる
50W/200m、100W/400m
(暗騒音が高いと大幅に減衰する)
音声 不可 インフォメーション、チャイム各種案内可能
経済性 コスト安 システムコスト高
耐久性 堅牢型で長く安心して使える(10〜15年)
耐塩ALもOPで可能
5〜10年
耐塩塗装もOPで可能
●音達に関する「AQNRの性能」
仕様 音圧 モーターサイレンの音達
AQNR750W
三方向ラッパ
※二方向も可
133dB 700m(at暗騒音70dB)
音達 720Hz 高音領域
●地域騒音レベル(市街地における参考値)
昼〜夜
第一種住宅地 65〜63
第二種住宅地 64〜60
商業地域 72〜69
近隣商業地域 75〜67
工業地域 73〜70

●仕様
型 式 容量
(W)
定格
消費
電力
(W)
電圧
(V)
消費
電流
(A)
回転数
(R.P.M)
定格
時間
(分)
音圧/1m
dB±3
A B
P.C.D
C D H ヒーター 質量
Kg
カタログNo.
AQNR(H)
AC100V 150
750 960 100 10.5 7200 5 133 250 226 4-11 310
(330)
435 100W 20
(21)
PS(H)-103

TOP > 資料 >  ハンコクサイレンからのご提案 〜NEW AQNR750〜